私学のデメリット2 授業についていくのが大変

学費については今説明したけど、ただし子供を私学に進学させた場合、教育費はこれだけですまないかも知れないんだ。

 

「え、どういうこと?」
センセーの大学時代の友人のアマダ君は、前に子供を開成中と桜蔭中に入れたんだけど、学費以外の教育費も大変だってぼやいてた。

 

学費だけでも入学時に100万円くらい必要だし、さらに塾代とか交通費もかかるからね。

 

「え~、開成に行っても、また塾行くの~?!」
そうなんだよ。

 

だって彼らにとっては、開成や灘に受かるってことがゴールじゃなくって、東大とか京大、医学部に行くのが受験のゴールだからね。

 

開成高校が東大合格率No.1って言ったって、実は東大や京大などの国立難関大や医学部に合格するのは6~7割程度なんだ。

 

毎年150人前後東大に合格してると言っても、1学年400人中の150人。

 

あとは東工大とか早慶とか、国立の医学部とかに進学する。

 

灘高だって、1学年215人中、80~100人、麻布だって、1学年300人中、90人前後しか合格しないから、超進学校=東大合格、っていうワケじゃないんだね。

 

だから東大合格を目指すなら、何かしらプラスアルファの努力が必要だ。

 

「ふぇ~、大変だ …」
それから、普通の私学でも、授業についていくのは、実はかなり大変なんだ!私学のネックとしてまず学費の高さを上げたけど、授業についていくのが大変だっていうのも、デメリットの1つなんだよ。

 

これは、案外知らない人が多いね。

 

 

 



授業についていけない原因

私学で、授業についていけない原因はいろいろある。

 

まず1つ目は、中学受験が終わったことで、子供が燃え尽きる場合があるんだね。

 

だから進学したら、途端に勉強しなくなる。

 

燃え尽き症候群ってやつだ。

 

今まで散々勉強してきたんだから、もういいじゃん! って。

 

で、ボーっとしているウチに、授業はあっという間に進んでいる。

 

2つ目は、中学生とは言ってもまだ子供だから、自分で勉強するクセが、実はついてない。

 

中学受験は、親や塾の先生がそばにいてくれたから勉強できたけど、中学になったらそうも行かない。

 

親も中学に入ったんだから、もういいだろうってことで勉強を見なくなったりする。

 

そうこうしているうちに、授業についていけなくなっているんだ。

 

3つ目は、これが実は最大の原因だと思うけど、私学はカリキュラムの進み方が、非常に速いってことだ。

 

私学の場合、学校として大学への進学実績を上げなければならないから、6年間で学習する内容を5年ちょっとで終わらせる場合が多い。

 

そして東大・京大などの難関大学に十人以上送り出している超進学校では、入試から逆算してカリキュラムを組むので、中3の夏から高校の内容に進むのが一般的だ。

 

そのために、中学1~2年の進み方が、異常に速かったりするんだ。

 

だから、ボヤボヤしていると、あっという間に置いてきぼりを喰らってしまうわけなんだ。

 

【私立中学のデメリット2】 進学校だと、授業についていくのが、かなり大変。

広告

毎日の基礎学習に

計算と熟語(新版)

計算と熟語 6年 改訂新版

中学入試 でる順過去問 漢字 合格への2610問

小学生の語彙力アップ 基礎練習ドリル1200



Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

オススメ教材

文章題も得意になる算数タブレット
RISU算数