中学受験、塾なしでは難しい?

さて、中学受験をすると決めたら、次は、いつ・どこで勉強するかということだね。

 

普通は塾に通わせるということになるが、今言ったとおり、あくまでも主体は家庭だ。

 

「センセー、中学受験の主体が家庭だったら、中学受験って、塾なしでできないの?」
う〜ん、それは難しい質問だね。

 

できるとも言えるし、できないとも言える。

 

たしかに、受験用の教材などは、いろいろ手に入る。

 

中学受験のスタンダードな教材である四谷大塚のテキストや問題集は、通販でも手にはいる。

 

また模試なども会場模試(オープン模試)などを受ければいい。

 

計算ドリルや漢字プリントなどの問題集も、受験用のモノがたくさん売られている。

 

だから、塾なしで中学受験の準備をすることは不可能だとは言わないけど、ただ、それで目指す中学に合格できるかどうかは、また別の話だね。

 

親が東大や京大などの難関大学、あるいは医学部などの難関学部出身なら可能だけれど、大した受験経験がなければ、どうしようもないね。

 



塾なしで中学受験ができるかどうかは、議論としては面白いかも知れないが、あんまり意味はない

 

子供を塾に行かせるべきか、そうでないかは、最初に決める問題じゃない。

 

目標を達成するために、塾が必要かどうかで決める問題だ。

 

中学受験のゴールはあくまで、目指す中学への合格だから、合格するために必要なら塾に行かせるべきだし、必要でなければ行かせる必要はないってことだね。

 

センセーが自分の子供に教えるのなら、塾なしでも中学に合格させられるだろうけど、あなたの家でそれができるかな? ってことだ。

 

できそうなら塾なしでやればいいし、無理そうなら塾にやるしかないね。

 

そしてもし、塾なしで中学受験に挑戦しようという場合、ネックになるのは算数だね。

 

ミキちゃんも、中学受験の勉強をやったことがあるから、わかるだろ?「ウチは算数好きだったよ。

 

つるかめ算とか、旅人算とか。」

 

そうそう、それ。

 

中学受験の算数では、つるかめ算や旅人算、時計算、流水算とか仕事算なんていう、小学校では全くやらないような問題がたくさん出る。

 

特殊算なんていうが、これがやっかいだ。

 

国語・社会・理科といった算数以外の科目の場合は、理解して覚えることができれば、入試でもそこそこ点数を取ることができる。

 

もちろん問題は難しいけど、ほとんどが知識問題で、解法自体は特別なモノは必要ない。

 

地名が覚えられるか、人名が漢字で書けるか、とか、そう言ったレベルの話だ。

 

ところが算数の場合は、そういうわけじゃないんだね。

 

学校で全くやらないタイプの問題が、たくさん出てくる。

 

だから塾なしで中学受験をしようとする場合、算数をどうやって学習すればいいかが、大きなネックになってくる。

 

というのも中学受験の算数は、塾の先生でも教えるのが難しいし、国語など他の教科とは違って、普段の生活で、勝手に覚えてしまうものではないからね。

 

【中学受験との取り組み方】  塾なしで中学受験ができるかどうかは、あまり意味のない議論だ。 目指す中学に合格するために必要なら塾に行かせるべきだし、必要ないなら不要。
また、塾なしで中学受験するためには、算数がネックになる。

広告

英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

進研ゼミ 小学講座