親の仕事は、子供に良いインセンティブを与えること

中学受験 親の仕事とは?

親の仕事は、子供に良いインセンティブを与えること

子供を塾にやったからと言って、勉強ができるようになるワケじゃない。

 

ましてや、目指す中学に合格できるワケじゃない。

 

確かに塾は、学校に比べたら、勉強ができるようにトレーニングをしてくれるね。

 

いろんな教材を使って、理解がしやすいようにはしてくれる。

 

毎回のように確認テストをやってくれるし、月例テストや実力テストなどで学力をチェックして、どういう勉強をすればいいかのアドバイスもしてもらえる。

 

ただ学校も塾も、できることはやってくれるけれど、結果に関しては保証しない

 

というのも勉強ができるようになるインセンティブは、学校や塾ではうまく与えられないからね。

 

インセンティブっていうのは、人をある方向に動かすための誘因のことだ。

 

馬を走らせるために鼻先にぶら下げるニンジンのようなもの、ってよくたとえられる。

 

『百点取ったら、遊園地に連れて行ってあげる』みたいな感じだ。

 

でも学校では、モノで生徒を釣って勉強させるようなことはできない。

 

『この問題ができた人だけ、ごほうびをあげます』なんて、学校ではできない。

 

せいぜい、ほめてあげるくらいのことしかできない。

 

もちろんごほうびや賞品だけがインセンティブではなく、努力を正しく評価するというのも良いインセンティブになる。

 

『ほめる』というのも、有効なインセンティブになる。

 

でも、ただほめるというのも、大勢の人間がいる中では、かなり難しいことなんだね。

 

というのも、誰がほめられても、それによって、やる気をなくす者がいるから。

 



また、モノで釣るって言ったって、それに乗ってくる生徒と乗ってこない生徒がいる。

 

塾などでは、家で勉強してもらうために宿題をしてきたらハンコを一個押して、
ポイントがいくつか貯まると、文房具などがもらえるなんてことをやっているところも多い。

 

ところが実際こういうことをやってみると、こういうのが大好きな生徒は、
宿題をやってきて賞品をたくさんもらうけれど、嫌な生徒は、やっぱり全然やってこない。

 

<ごほうび>が効くかどうかは、子供によっても違うし、状態によっても変わってくるってことだ。
となると、一番良いインセンティブを与えられるのは、実は家庭しかないということになる。

 

だって子供が何を欲しがっているか、何をすれば喜ぶのかわかるのは、いつも子供を観察できる者だけだからね。

 

そして実際にそれを与えられるのは、親や家族だけだからね。

 

いくら塾の先生にそれがわかったとしても、特定の生徒だけにモノを買ってあげるわけにはいかないし。

 

家庭では、子供が少しがんばれば手に届きそうな目標を設定して、
それを達成したら、必ずほめたりご褒美をあげたりすることが必要だ。

 

もちろん家庭でも、高価なモノは子供に買い与えない方がいい。

 

ちょっとしたごほうびくらいがちょうどいい。

 

子供が勉強して合格するインセンティブをうまく与える。

 

これが中学受験に取り組む親の、最大の仕事だね。

 

【中学受験との取り組み方】  子供に勉強をさせるには、適度なインセンティブ(ごほうび)が必要だ。
ほめたり、うまく行ったら、ちょっとしたご褒美をあげたりしよう。
ただ高価なモノは厳禁だ。賞品がないなら勉強しないというクセがつくことがある。

 

NEXT:中学受験、塾なしでは難しい?

 

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加