あら探しをする塾はダメ!

あら探しをする塾はダメ!

あら探しをする塾はダメ!

塾の費用が高いか安いかは、
払う側の感じ方次第だから、何とも言えない。

 

たがしかし、絶対に避けねばならない塾というのはある。
子供のあら探しをして、お金をたくさん出させようとする塾だ。

 

塾も商売だから、売り上げを上げるためには、客数か客単価を上げねばならない。
つまり、お客さんを増やすか、お客さんにたくさんお金を払ってもらわねばならない。

 

しかし塾という業種は、お客さんを増やすのが、なかなか難しい。
なぜかというと、対象となるお客さんの絶対数が限られているからね。
塾周辺にいる、限られたお客さんを、各塾が取り合っている状態だ。

 

そこで客単価を上げるべく、必要なのか不要なのかわからないサービスが、山ほどできる。
特別講習とか、特訓というのがそうだね。

 

たとえば生徒さんが計算が不得意なら、追加料金をもらって計算特訓する。
学力が足りなければ、通塾回数を増やさせたり、時間数を増やさせたりする。

 

ヒドい塾だと、徹底的に子供のあら探しをして、いくつも特訓を薦めたりする。
くもんの計算ドリルでもやらせておけばいいことでも、何万も料金を取ろうとする。

 

もちろんそれで、目指す中学に合格できるのなら、安い買い物かも知れない。
でも残念ながら、合格できないんだね。

 

だって塾へ行かなきゃ勉強しない子供は、結局できるようにならないから

 

こういう塾は、売り込みが激しいからすぐにわかる。
なにかっちゃあ、電話がかかってくる。

 

保護者面談などでも、30分以上面談をする塾や、担当者が一方的に話すような塾、こういうところはかなり危ない。
だって売り込み以外で、そんなに話をすることなんか、ないもん。

 

そしてこういう塾の場合、お金にならない子供は、放っておかれることだってある。
だから絶対に避けねばならない。

 

まとめると、

  • 子供の拘束時間が長い塾は、やめた方がいい。
  • 子供のあら探しをして、特訓を進めたり通塾回数を増やさせる塾も、やめた方がいい。
塾を選ぶ際に、まず気を付けなければならないことは、簡単にいうとこの2点だね。

スポンサードリンク

週4日以上通塾させる塾はダメ!

「センセー、他に気を付けないといけないことは?」

 

う〜ん、そうだね、通塾回数も、週4日以上は通わせない方がいいだろう。
センセーの感覚でいうと、塾に通わせるのは週に3日が限度だね。
というのも、週4日以上通わせると、子供が壊れることがあるから。

 

「壊れる? 壊れるって、どうなるの?」

 

簡単にいうと、静かに座っていられなくなる。
座ってても、勉強しなくなる。

 

あるいは、塾に来ても家にいるような感覚になって、わがままを言い出す。

 

そりゃそうだ。
毎日毎日、学校で6時間勉強して、塾で3〜4時間勉強してごらん。
健康な人間なら、机に向かうのも辛くなるはずだ。

 

だから東大生が受験生の頃に、家でどういうふうに勉強していたかなんていう特集が、
プレジデント・ファミリーなんていう雑誌によく載っているけど、
たいてい居間で寝っころがってやっていたとか、グルグル回りながらやっていたとか、
机に向かわずに勉強した話が載っている。

 

勉強というヤツは、そんなに長時間机に向かって続けることはできないものなんだ。
机にかじりつかせて勉強させたら、子供は壊れるよ。
養鶏場のニワトリじゃないんだから。

 

【中学受験:塾の選び方】 子供のあら探しをして通塾回数を増やさせたり、特訓コースなどを薦める塾は、絶対やめよう。
通塾日数も、多すぎないように。

 

専門塾と一般塾、どちらが良い?

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加