塾が勉強できるようにしてくれるワケじゃない

塾が勉強できるようにしてくれるワケじゃない

塾が勉強できるようにしてくれるワケじゃない

ミキちゃん、ここまで、

  • 今なぜ中学受験が増えているのか
  • 公立と私学のメリット・デメリット
  • 中学受験の勉強を始める時期
  • 勉強すべき科目
  • 目標校の決定の仕方
などについて、説明してきたね。

 

ここまでは大体わかったかな?「オッケー。」

 

じゃ、ここからはちょっと、中学受験のための内容について、具体的に見ていこう。

 

まず学習内容だけど、算数以外は学校で習う勉強の延長だと考えていい。

 

もちろん延長と言っても、難易度ははるかに高いわけだし、応用問題や発展問題が中心だから、生半可な勉強では、太刀打ちできないけどね。

 

で、最初に言っておくけど、学校は受験に関して期待はできない

 

というのも、学校というところは、子供をできるようにしてくれるところじゃないからね

 

これは、ミキちゃんが大学受験をするときにも、ちょっと言ったね。

 

「うん。そんなこと言ってたね。」

 

学校というのは、実は、ただ学問を大雑把に紹介してくれるだけのところだ。

 

文章の読み方は教えてくれるが、詳しい分析の仕方は教えてくれない。

 

作文の書き方は教えてくれるが、小説を書いたり、実用文を書くトレーニングもない。

 

計算の仕方や考え方は教えてくれるが、難しい問題をどう解くかは教えてくれない。

 

ただ、こういうモノがありますよ、こういうことをすればいいですよ、と、教えてくれるだけだ。

 

 

 


スポンサードリンク

これは、体育や音楽などの授業を考えると、よくわかるよ。

 

学校でサッカーを習ったからと言って、サッカークラブのレギュラーになれるわけじゃないね。

 

学校で楽器の練習をしたからと言って、音楽家になれるワケじゃないね。

 

サッカークラブのレギュラーになろうと思ったら、学校の体育のサッカーとは全く違うレベルの練習と練習量が必要だ。

 

音楽家になろうと思ったら、学校の音楽の授業とは全く別次元のレッスンが必要だ。

 

練習量は、10倍どころか100倍とか1000倍だね。

 

それくらいやらないといけない。

 

そんなことは当たり前なんだけれど、なぜか算数とか国語になると、学校ができるようにしてくれるような錯覚に陥る。

 

もちろん中学や高校などは、進路指導としてかなりの指導はしてくれるだろう。

 

けれど、入学試験に合格するための勉強というのは、やっぱり別だ。

 

いわんや小学校においてをや。

 

だから実際に学問を身につけるのは、あくまでも生徒1人1人の努力によってであって、学校がそれを保証してくれるわけじゃない。

 

勉強というのは学校頼みにできないんだけど、中学受験の場合は特にそうなんだね。

 

そしてこれは、塾に関しても似たようなことが言える。

 

子供を塾にやったからと言って、勉強ができるようになるワケじゃない。

 

これは大事だから、最初にしっかり覚えておこう。

 

【中学受験との取り組み方】  学校や塾は、勉強は教えてくれるが、できるようにはしてくれない。

 

NEXT:中学受験 親の仕事とは?

 

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加