私学のデメリット1、学費が高い

私学のデメリット1、学費が高い

私学のデメリット1、学費が高い

「センセー、なんか聞いてると、私学って、いいことずくめみたいね」
そうだね。

 

私学の場合は常に生き残りがかかってるから、公立の学校に比べて学校を良くするインセンティブが働いている。

 

落ちこぼれの発生や、いじめや非行の問題は、私学でも当然起こる問題だけど、それにすぐ対処するインセンティブも持っている。

 

そういう点では、公立中よりメリットが多いように思うね。

 

ただし私学にも、もちろんデメリットがあるよ。

 

「デメリット?」

 

たとえば、

  1. 授業料が高い。寄付金などを求められる。
  2. 家から遠い(通学に費用と時間がかかる)
  3. 授業の進度が速い。別に塾に行く必要もある。
  4. 校風になじめないと辛い(座禅や剣道、読経やミサなどが必須のところなどがある)
  5. 不登校や成績不振があると、進学させてもらえない(実は厳しい)

なんてことだね。

 

私学で最大のネックになるのは、もちろん学費や教育費が高くなるってことだね。

 

上質の教育を受けるには、それなりのお金を払わなければならないってことだ。

 

「センセー、私学は学費が高い高いってよく聞くけど、実際はどうなの?」

 

そうだね、普通の私学だと、入学年に100万円、
その後も年間50万円から80万円くらいは必要だと思っておいた方がいいね。

 

慶應とか早稲田、青山学院など、
大学まで内部進学で進めるブランド学校だと、さらに費用がかかって、初年度は150万円くらい。

 

次年度からも100万円くらいは必要だと考えておいた方がいい。

 

有名な大学を併設している学校は、学費がどうしても高くなるね。


スポンサードリンク

ただ、普通のサラリーマン家庭の子供がこういうブランド校に行くと、いろんな面で不自由を感じることになりかねない。

 

所得格差っていうのは、生活にものすごく反映されるからね。

 

立派な学校に通っていて、制服は同じでも、辛い思いをする子供だって多いだろう。

 

そういう意味では、経済力がそんなにないのに、無理してブランド学校に入れる価値はないかも知れない。

 

一方、開成や麻布といった超進学校は、意外と安い。

 

普通の私学並か、それよりちょっと安いくらいだ。

 

こういった進学校は、バレエスタジオなんかつくらないしね。

 

また、中堅レベルの私学では、生徒集めのために、入学金や授業料を下げている学校も増えてきた。

 

少子化で、学校へ行く人間の数自体がドンドン減ってきているから、公立を考えている生徒も取り込みたいのだろうね。

 

学費が月納で、月謝が3万円台のところもあるし、高校の場合は成績のいい生徒は、学費が免除になるようなところもあるようだから、調べてみるといいね。

 

学費や進学実績などの情報は、専門に掲載しているサイトがあるから、ここで調べるといい。

 

★ 中学受験スタディ http://www.study1.jp/ただし関東の中学中心だけど。

 

【私立中学のデメリット】学費や教育費が高い。
初年度100万円前後は覚悟が必要。

 

NEXT:私学のデメリット2 授業についていくのが大変

 

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加