算数や数学は、パズルだ

算数や数学は、抽象的な学問で、俗に『虚学(きょがく)』なんて言われる。

 

知っていると役には立つけど、それ自体で何かを為すものじゃない。

 

これらは知識というより技術だから、普段の生活の中で勝手に知りたいと思ったり、見聞きするだけで身に付くものじゃないんだね。

 

たとえ興味を持ったとしても、知ろうとするのは足し算や引き算くらいまでだろう。

 

兄弟でおやつを分けるのに、わり算を覚えたいという子供がいたら、ビックリ仰天だ。

 

算数や数学は、実際のところ、クイズやパズルだと思った方がいい。

 

たとえば中学受験算数の代名詞とも言える<つるかめ算>。

 

鶴と亀が併せて10匹います。

 

足を数えると全部で24本でした。

 

鶴は何羽いるでしょう?これなんか、単なるクイズとかパズルだね。

 

まさに虚学だ。

 

だって鶴と亀の合計がわかるってことは、鶴と亀を実際に数えているってことだから、鶴が何匹いるかなんて、数えたらわかる。

 

足だって鶴と亀の足は似ても似つかないものだから、区別が付かないなんてことはない。

 

問題自体、ナンセンスだ。

 



だけどつるかめ算の解き方や考え方は、いろいろ応用できる。

 

たとえば

  1. 5分前に分速100メートルの速さで、お姉さんが家を出て駅に向かいました。

     

  2. お弁当を忘れていたので、自転車で分速200メートルの速さで追いかけました。

     

  3. 何分後に追いつくでしょう?
…なんていう問題。

 

これだったら、多少は意味があるかもしれない。

 

分速100メートルで5分前に出たんだから、お姉さんは今500メートル先にいる。

 

あとから追いかける場合、1分間で100メートルずつ追いつくから、500メートルの差がなくなるのは5分後。

 

これはつるかめ算の応用だ。

 

しかし、こういうのは、問いかけがないと一生考えないわけだね。

 

誰かがクイズで出したり、テストに出たり、算数の問題集を解こうとしない限り、普通はこんなことは考えない。

 

だってこんなこと、考える必要なんか、日常生活の中では滅多にないからね。

 

必要がないのに考えるってことは、ふつうは夢想とか妄想ってことになるけど、算数や数学っていうのは、実際そういうものなんだ。

 

こういうパズルのようなモノが好きで、どんどん自分でやっていけるような子供だったら、家で市販の問題集をやるだけでも中学受験の準備はできるだろう。

 

事実、中学受験の本や、インターネット上の掲示板やミクシィなどには、家庭学習だけで合格した家庭の体験記がたまに載ってるけど、成功したパターンは

  • 子供が算数が好きで、自分で勝手にゴリゴリやっていた。

     

    (男の子)

  • 親が子供といっしょに、『予習シリーズ』算数・理科・社会をやりこんだ。

     

    (女の子)

というパターンのようだから。

 

だけど特に経済的に困っていないなら、週1〜2回、塾にやる方が、刺激があっていいね。

 

一斉塾でも個別指導塾でも、学習カリキュラムに沿って進めてくれるから、ダレにくい。

 

また独学だと、遠回りの自己流の解法が身に付くこともよくあるからね。

 

 

広告

英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て 人気教材

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

進研ゼミ 小学講座