中学受験 4年生までは、何をやればいいの?

「逆に、もっと低学年から始めるのは、どうなの?」
勉強するクセをつけるっていう意味では、早い時期から勉強させるべきだろうね。

 

特に読み書きや計算と言ったモノは、毎日やった方がいい。

 

ただ、勘違いしてはいけないのは、中学受験というのは、早く始めたからといって、最終的に成功するものじゃないってことだ。

 

大手進学塾などでは、3年生の初めから始めないとダメみたいに宣伝してるけど、小学生の脳は、まだまだ発達途中だから、本当の意味での受験勉強をすることはできない。

 

特に理科とか社会などの暗記が必要な科目は、好きなことや興味のあるモノだけしか覚えないし、2日もしたら忘れてしまう。

 

子供の勉強というのは積み重ならないから、仕方がない。

 

子供に限らず、興味のないことや生存に必要ないことは、ドンドン忘れていくのが人間の脳の性質だから、これはもう仕方ないんだね。

 

特に理科・社会などは単元ごとに全然別のことを学ぶから、早く始めても、ただドンドン忘れていくだけで、結局塾にお金を落としただけってことになることもよくあるね。

 

「じゃあセンセー、中学受験の本格的な勉強は4年生~5年生から始めるとして、それまでは何をやったらいいの?」
そうだね、4年生くらいまでは、家で勉強させるにしても塾に行かせるにしても、必ず教科書準拠の問題集を使うのがいいね。

 

算数や国語は、学校で習っているのと同じことをやった方が効率的だし、負担も少ない。

 

そしてまた学校で100点が取れるようになる。

 

これって子供にとっては、かなりうれしいことのはずだよ。

 

特に国語に関しては、6年生まで、準拠教材を併用して使いたいね。

 

でないと学校での授業がムダになる。

 

国語は難しい受験用の問題集より、少し簡単目の問題を着実に正答する方が大事だ。

 

塾に頼んで手にはいるなら、NEW小学生ワークがオススメだ。

 

問題量が多い。

 

手に入らない場合は、問題数は少ないけど、市販の教科書ワーク・教科書ガイドでもいいね。

 

◆塾用教材  NEW小学生ワーク(学書)   栄光ワーク(ED)  教科書ワーク(文理) ※市販。

 

問題量は塾用教材と比べると少なめ。

 

 



それから、毎日、1分でいいから、家で計算練習や漢字練習をやるクセをつけよう。

 

ご飯やおやつの前とか、テレビを見る前とか、子供が喜ぶモノの前に、これをやろう。

 

この場合は教科書準拠でなく、できればいろんな問題が混ざった問題集の方がいいね。

 

くもんの小学ドリルだとか、くりかえし算数プリント、論理エンジンの漢字とことばのきまりなんかがオススメだ。

 

月・水・金は漢字、火・木・土は計算というふうに、わけてやってもいい。

 

ただ小学生の場合は、家や塾で勉強ばかりさせるより、外に連れ出した方がいい。

 

遊園地だけでなく、動物園とか水族館とか博物館など、できるだけ連れ出した方がいい。

 

家の手伝いなども、可能な限りやらせよう。

 

受験勉強だけしていればいいというやり方は、かえってマイナスだ。

 

身体を動かさねば、頭の働きは鈍る。

 

また勉強さえしていれば、他はなにもしなくていいという態度はダメだね。

 

勉強は免罪符じゃなくて、目的を達成するための努力でしかないんだから。

 

【中学受験のための準備】4年生までは、教科書準拠の問題集と、計算・漢字などの基礎トレーニングを。
1分でいいから、毎日、家で勉強するクセをつけよう。
また家事の手伝いをさせたり、休日には外になるべく連れ出して、モノを見せよう。

 

広告

毎日の基礎学習に

計算と熟語(新版)

計算と熟語 6年 改訂新版

中学入試 でる順過去問 漢字 合格への2610問

小学生の語彙力アップ 基礎練習ドリル1200



Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

オススメ教材

文章題も得意になる算数タブレット
RISU算数